キャッシングの利息ってどういう計算?

急に訪れる冠婚葬祭や、車検の費用が少し足りないなど、急にまとまったお金が必要になることは誰しもあります。

金額によっては、友人やには言いにくいし、家族の説教も面倒くさい。そう考える人も多い事でしょう。

今は、テレビCMなどでも広く認知され、銀行のクレジットカードにも付帯されているので、成人の7人に1人が利用したことがあるキャシングですが、やはり、返済計画をたててから利用することが大切です。

返済計画をたてるにあたって、知っておきたいのは自分がいくら借りて、いくらの利息がつくから、総額いくら返すことになるかを知らなければなりません。

利息の計算がアバウトでは、返済計画が崩れてしまい、滞ってしまう事になりかねません。

適正な利息と、利息の計算とはどういう仕組みなのかみていきましょう。

利息は、利息制限法という法律で定められいます。この範囲でない業者は悪徳業者といえます。

借り入れ金額10万円未満なら、1年で20%、10万円以上100万円未満なら1年で18%が上限です。

例えば10万円を年利20%で借りた場合、10万円×0.2で利息が2万円必要なので、1年間で12万円返す必要があり、毎月1万円ずつ返せば良いということです。

1週間後に10万円まとめて返済できる場合はどうでしょう。

利息の計算は同じです。利息が2万円なので、これを365日で割ると1日の利息が出ます。

1日に付き約55円の利息ということになるので、55円×7日間で385円が1週間後の利息なので、10万385円返済すればよいということになります。

同じ金額を借りても、早く返済することで、必要な金利が大きく違ってきます。

差額を計算することで、金利を払うくらいなら、少し我慢してでも先に返済にまわそうかな。と考えることもできるので、金利が安いところを調べて、きちんとシュミレーションてから利用することが大切です。こからご記入ください。